浮気をしている証拠を掴む - 探偵の浮気調査テクニック

探偵の浮気調査テクニック > 浮気をしている証拠を掴む

浮気をしている証拠を掴む

夫または妻が本当に浮気をしているかどうかは、探偵に調査を依頼するよりも、直接本人に問いかけた方が早いです。
しかし直接聞いたとしても、正直に答える人は流石にいないでしょう。
最悪の場合は「私を疑っているのか!」と怒られてしまい、相手に警戒感を与えるだけです。
一度警戒されてしまうと、探りを入れるのは難しくなってしまいます。

相手を問い詰めた時にシラを切られることなく、正直に答えてほしいのであれば、決定的となる証拠が必要となります。
浮気に限らず何か大きなトラブルを解決するには、証拠が重要な鍵となります。
証拠が無い状態で「浮気をした」と確信だけで問い詰めても、「浮気はしていない」と言われればそれまでです。

ただホテルの領収書があったとしても、残念ながら決定的な証拠として採用される事は無いでしょう。
もちろん状況にもよりけりなので絶対に採用されないと言う訳ではありませんが、「浮気の証拠」として扱うのであれば不十分です。
例え領収書を本人の目の前で見せたとしても、単純に休んでいたと言われればそれまでです。
ホテル側としてもお客様がホテルでどう過ごしているのか、把握するのは不可能です。

浮気の証拠として強いものと言えば、やはり写真や動画になるでしょう。
ただし写真で浮気相手と一緒の所を撮ったとしても、証拠としてはまだまだ不十分です。
「たまたま知り合いに会っただけ」と、言いくるめられてしまうだけです。
お互いに関係をもっているという決定的な証拠となるには、ラブホテルでの頻繁な出入りを抑えるのが確実です。

ただフィルムならばまだしも、デジタルカメラで撮影となると難しくなってしまいます。
一昔前ならばプロでしか出来なかった画像処理が、今は素人でも簡単に出来る様になったが為に、証拠能力が落ちてしまいました。
もちろん証拠として取り扱うことは可能ですが、物的証拠ではなく状況証拠扱いになるかと思います。
ただ写真に日付が入っており、1枚だけでなく何枚も撮影されていれば、デジタルカメラでも証拠能力は高くなる筈です。

浮気の証拠集めは、ご自分で行おうと思えば出来なくはありません。
ただ素人が行うとなると変に警戒されてしまい、証拠も掴みにくくなるかと思います。
確実に行くのならば探偵に調査を依頼し、証拠を掴むように頼むがの1番です。
調査費用がかかるのは否めませんが、後に裁判沙汰になったら十分証拠として使えるので、損をすることは無いでしょう。