探偵が実践している浮気調査テクニック - 探偵の浮気調査テクニック

探偵の浮気調査テクニック > 浮気調査テクニック

探偵が実践している浮気調査テクニック

わざわざ探偵に頼むことなく、ご自分で浮気調査を行うことも可能です。
ではどのようにして調査をすればいいのか、探偵が実践しているテクニックについて取り上げてみたいと思います。

まず頭に入れて置いて欲しいのは、浮気調査にかかるリスクです。
相手は悟られないように警戒をしているので、少しでも調査していると勘付かれてしまうと、大きなトラブルに発展してしまいます。
万が一相手に悟られてしまうと、プロの探偵に頼むことになっても、中々証拠を掴むことは出来ません。
今は、冷静な判断が出来ない状態にいることも考えられます。
ご自分で調査をおこなうことは、非常にリスクの高いことであるのを肝に銘じておきましょう。

探偵が主に行う浮気調査の1つに、尾行があります。
方法としては相手の後をついて行くことですが、流石に真後ろにピッタリマークするとなると直ぐに見つかってしまいます。
では相手に悟られることなく尾行をするには、どうすれば良いのでしょうか。
車両や徒歩と尾行手段によって変わりますが、相手までの距離は一定以上開けるようにします。
近すぎるのも考え物ですが、遠くなり過ぎると追いかけるのは難しくなってしまします。
車両で尾行となると100m前後で十分でしょう。
また徒歩で尾行する場合は、人通りが多ければもっと接近してもらっても構いません。
先ほどあまり近づきすぎるなと述べましたが、大混雑している場所となるとすぐ近くまで来ても大丈夫です。
寧ろ近づかなければ、あっという間に見失ってしまうので注意しましょう。

尾行により浮気相手との密会場所が分かれば、次は張り込みです。
プロの探偵でもかなり厳しい作業となりますが、ここは根性を出して粘るしかありません。
ポイントとしては先ほど紹介した尾行同様、相手に気づかれないようにすることです。
その為にも“透明人間"になることに徹し、じっくりと張り込んでいきましょう。
では相手に悟られず“透明人間“になるには、何処で張り込みを行えばいいのでしょうか。
もし車両で張り込むのならば、駐車場が1番自然です。
駐車場に車が停めてあったとしても、不自然ではありません。
あくまでも自然に、景色の一部として馴染むようにして下さい。

すごく大変かと思うかもしれませんが、今回取り上げたのはほんの一部にしか過ぎません。
実際に行うとなると想像以上の体力と精神力がそぎ落とされるので、覚悟した方が良いでしょう。
ただ、浮気そのものを許してしまう訳にはいきません。
相手に分からせるためにも、しっかりとした証拠を掴むようにして下さい。